上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
私は対人恐怖なのか何なのか知りませんが、

男性より女性の方が話しやすいのです。

男性の方が当たりがきつくないでしょうか?

女性の方が当たりが柔らかくありませんか?

女性でもきつい人とはあまり話せませんが・・・。


ただ、それを「ただの女好き」と見られることもあって・・・。

理解してくれる人は、理解してくれるのですが。


いつからか分かりませんが、

私を小中学校の頃いじめた中心人物は男子でした。

私が小学3、5、6年の時、体罰を激しくやられたのは男の教師でした。

私が小さい頃、私を虐待してきたのは私の兄でした。


昔からかどうかは分かりませんが、とりあえず今は女性の方が話しやすいです。

ただ、あんまりうまくいかないことも多く・・・。


男性とも話すことはありますが、完全な自然体ではないかもしれません。

いや、人と話す時、完全に自然体になれることはないのかもしれませんが。

きっと男性の友人も私にとっていなければならないのだろうと思いますが、今は女性の友人がほしいです。


そんな人って皆さんの周りにはいませんか?

あるいは、女性だけど男性の方が話しやすい方とか。
スポンサーサイト
line
世界陸上、それなりに見てます。

その中でも、女子砲丸投げを見るのが大好きです。

彼女たち、すんごい体してるじゃないですか。

あの腕でラリアットとかくらったら、首が吹っ飛ばされるか、首の骨が折れますね。

ああいう体した女性、大好きです。

私の理想のタイプです。



しかしボルト選手が100mで失格になったり、イシンバエワ選手が全然飛べなかったり、波乱ってあるものですね。

それも、もうちょっとで終わり、ですかね。
line
私には、1歳年上のいとこがいるんですよ。

昔、小さいころは、それはもうたくさん遊びました。

ゲームとかが多かったかな?

すっごく仲良くて、彼女の家に泊まったりもして、

別れる時は悲しさのあまり泣いてたという。

いろいろ、スーパーマリオとか、ドラゴンクエストとか、ファイナルファンタジーとか、も彼女から教わりました、かね。


それが、彼女が高校生になってからかな。

遊びに行くことはなくなって。

さらに、話すこともなくなっていって。

いつもいとこは私をさけるように、NDSやPSPをプレイしてましたね。

私が美少女系オタクであるということを言うと、

「ふーん。」と。

で、いとこはどうなんだろう、もしかしたら腐女子で、

BL作品・カップリングとか好きじゃないか、と思ったら、

「いや」と言われました。

寂しいなあ。

line
私の通院している精神科病院では、名目上社会復帰を目指すという目的の元、共同生活を送っている人たちがいる、寮みたいなところがあるんですね。また、社会復帰を目指す人の支援センターみたいなところもあって。

その寮やセンターの職員(スタッフ)とデイケアや寮の利用者が一緒になって、簡単な喫茶店みたいなものを開いてるんですね。私たちの大規模デイケアにその喫茶が来るのは2週間に1回くらいでしょうか?3週間に1回くらいかな?そんな感じで。

今日の記事の登場人物は、私、デイケア利用者のT君、N君(どちらも若い)、喫茶の女性スタッフ2人(もっと若い)Mさん(しましま服)とHさん(紺色の服)あとデイケア利用者のおじさんが一人、かな?


この前の金曜日のデイケア、私が太ももなんちゃらで慌てふためいた昼休み、もうひとつへんてこエピソードがあったんです。


そのMスタッフとHスタッフ・・・、めっちゃくちゃかわいいんですよ。かわいいんです。

その前の喫茶が来た機会に、私はHスタッフを初めて見たので、Hスタッフに話しかけたことがありました。
私「あ、あのー、新しい方ですか?」
Hさん「あ、研修生です。。。」
私「へーそうなんですかー。お名前は?」
Hさん「あ、Hと言います」
私「年齢は?」
Hさん「22です」
私「はー、若い!よろしくお願いします」
Hさん「よろしくお願いします」

Mスタッフとはもう顔見知りでしたが、しっかり話をしたことはなかったかな。でも挨拶は何度も交わしたことがあったので。
そしてこの前の金曜日の朝、私はそのMスタッフとHスタッフに挨拶をしました。
改めてどちらもかわいいなーと思いました。


そして昼休み。私は友人のT君とN君に話してみました。
私「ねえ、喫茶のMさんとHさん、かわいいから話しかけてみたら?」
N君「いやー、無理だよ!」
T君「俺はもういいんだ、俺には恋なんてもうできないんだ・・・。しないほうがいいんだ・・・。」
N君「思い、その手に君は話しかけてみたの?」
私「あ、私?Hさんには話しかけたね。名前は?とか年齢は?とか」
N君「Hさんって紺色の方?すごいねー。俺には無理だよ」


私「うーん・・・。(二人に向かって)この、根性なし!」
二人「(苦笑)何で話しかけられるの?」
その時。
デイケア利用者のおじさん「俺も根性なしだ」
私「(そのおじさんに向かって)根性なし!」
おじさん「・・・(苦笑)。でも根性なしじゃなくて、意気地なしって言ったほうがいいんじゃねえか?」


私「そうか!じゃあ・・・(二人に向かって)こんの、意気地なしっ!」
二人「(またしても苦笑)」
T君「いいんだよ、俺たちは硬派だから!(N君に向かって)ねえ?」
N君「そう!」
私「そうか、じゃあ私は軟派だ~」
N君「ふふっ、だからさ、何で思い、その手に君は話しかけられるの?」
私「うーん・・・。だから、前に話したでしょう?いろんな体験をしていろいろやられて、経験上たぶん、女の人のほうが話しやすいんだよ。男の人の方が当たりがきついでしょう?女の人の方が当たりが柔らかいでしょう?例外もあるけど。だから、かなあ。全部はうまく言えないんだけど・・・。だから、男の人は、N君とか、T君とか、いろいろ話してきて、こう仲良くなってるから話せるでしょう?・・・まあ、ただの女好きかもね!そう思われてもしょうがないかも。でもそんな感じなんだよ」

N君「それっていつ頃から?」
私「うーん・・・。いつ頃かなあ・・・。高校?専門学校?わからない・・・。」


そんな感じがあって。太もも触って、の話はその前か、後か、よく憶えていません。
いかがでしょう?このブログを見てくださっている、男性、女性の方々。
line
今日の登場人物は、私、精神科デイケアの男性職員(スタッフ)Sさん(推定年齢50代後半)、女性デイケア利用者M.Nさん(おしとやかな女性、推定年齢41.42.43歳くらい)、同じく女性デイケア利用者H.Hさん(活発な女性、推定年齢45.46歳くらい)の4人です。あと会話がなまってる部分があるので、なるべく標準語に直しておきます・・・。

今日の、精神科デイケアの昼休み。。。

S職員が、M.Nさんの所に行って、なにやら話していました。
それを見ていたH.Hさんが、私に話しかけてきました。

H.Hさん「ねえ思い、その手にくん、Sさんって、M.Nちゃんを口説いてるように見えない?」
思い、その手に「あー、見えるかもしれないですね。」

そんなことをちょこちょこ話していたら、S職員がM.Nさんの太ももをぽん、ぽんと触ったのです。

思い、その手に「あ、今SさんがM.Nさんの太ももを触りましたよっ?」
H.Hさん「えーっ、本当?やっぱり好きだよね、絶対。他の利用者と対応の仕方がもう違うもんね?」
思い、その手に「そうですね。M.Nさんも怒りませんもんね。私はいつもSさんに違うことで怒られてばっかりですからね」(男だからかもしれませんが・・・)

それから時間が経過。。。そして。。。

思い、その手に「M.Nさん、Sさんって、絶対M.Nさんのこと好きですよ。」
H.Hさん「そうだよそうだよ、だって、太ももとか触ってきたり、口説いてるようにしか見えなかったし」
M.Nさん「えーっ、そうかなあ?」

思い、その手に「だって、例えば、私がM.Nさんの太もも触ったら、絶対キャーッ!って言うでしょう?」
M.Nさん「うん、そうかもね。。。」

そうしたら。。。

H.Hさん「思い、その手にくん、私の太ももだったら触ってもいいよ?」
思い、その手に「えっ、本当ですかっ?」
H.Hさん「うん、ほら、触って」(私パニック)
思い、その手に「えーっ、でも、いや、いいですよっ」

そのうちに。。。

H.Hさん「思い、その手にくん、M.Nちゃんも太もも触ってもいいってよ?」
思い、その手に「ええーっ、いいんですかっ!?」
M.Nさん「(誘われたような感じなんですが)うん、いいよ?」

私さらにパニック。。。

H.Hさん「もう、はっきりしないなあ。触っていいって言ってるんだよ?ほらー、触っていいからっ!」
そして、H.HさんとM.Nさんに腕を引っ張られて、私の手は、M.Nさんの太ももへ近づいていく・・・。
そのまま触っても良かったけど、なぜか必死に抵抗する私。

そのうちに周りが騒ぎ出して、周りを見ると多くの人が注目しだしていました。
それでも私とH.Hさん&M.Nさんの闘いは続きます。
私の腕を必死に引っ張るH.HさんとM.Nさん。その腕を必死にM.Nさんの太ももから離そうとする私・・・。

そして、決着がつきました。
私の腕がお二人の手から離れたのです。
H.Hさん「もーう、思い、その手にくんったら。せっかくのチャンスだったかもしれないんだよ?」

私はお二人の目が恥ずかしくて、持ってたうちわで二人の目から自分の顔を隠しました。
それでも周りには私の顔と行動は見えてしまい、周りに笑われ、爆笑している男性もいました。
少なくともそれだけは確認できました。
確認不可能なところではどうだったのでしょう。

長いなあ、この文章。ここまで読んでいただけた方、ありがとうございます。とりあえず今日は、おしまいっ!
line
line

line
プロフィール

思い、その手に

Author:思い、その手に
FC2ブログへようこそ!

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新記事
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも一覧

日々の部屋

OPERA LOG

チャーリーぶろぐん~いろえろ話題わんさか!いまここにアセンションプリーズ!!~

リラの季節から

春夏秋冬

大学生による頑張りますブログヽ(^o^)丿

ひよこのあじと

自由少女  ~Dear you ~

真剣でRPGに恋しなさい!

鬱病から双極になった主婦の日記

1ミリのしあわせ

うつ病主婦のほよよん日記

水姫船長の航海日記

ネコの日和見

なんかすきなものをかきちらすところ。

のふのふ日記

感謝と笑顔 

琳!LIFE

備忘録。

在の世界

なんでも屋

非リア充高校生日記(;´Д`)?

ぱれっと
line
sub_line
検索フォーム
line
訪問してくださった方々
line
現在ご覧になってる方々
現在の閲覧者数:
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
12876位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
2646位
アクセスランキングを見る>>
line
FC2チャット
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。